NPO法人オレンジアクトは、認知症の早期対応・備える努力を啓発するボランティアによる団体です

オレンジアクト

あなたにもできるオレンジアクトがあります
TOP認知症について > 地域が支援する認知症予防

地域が支援する認知症予防

地域の認知症相談窓口

認知症に関するさまざまな相談は、各自治体の地域包括支援センターで受け付けています。

例えば・・・

・認知症という病気について知りたい
・認知症予防について知りたい
・専門家による物忘れ相談を受けたい
・認知症への対応方法について知りたい
・認知症が疑われる家族の相談をしたい

といった場合等の相談にのってもらえます。
またご本人・ご家族のほか、医療機関やケアマネジャーなどの関係機関からの相談も受け付けています。

相談前にまとめておきたい事項のリスト 
もちろん、とりあえず相談、でもいいと思います。しかし、相談前に次のような内容を整理してから連絡するとより相談しやすくなります。

・気になる症状は何か
・現在、困っていること、エピソード
・気になる症状はいつから出ているのか
・周囲・家族から言われること
・既往歴(過去の病気、いつ頃?治療中か?)
・現病歴(今の病気、薬は飲んでいるか?飲んでいる薬の名前等)


※地域包括支援センターは、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関のことです。センターは各区市町村に設置されています。
通常センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士がおり、専門性を生かして相互連携しながら業務を行っています。










このページのTOPへ