NPO法人オレンジアクトは、認知症の早期対応・備える努力を啓発するボランティアによる団体です

オレンジアクト

あなたにもできるオレンジアクトがあります
TOP活動内容 > 予防法研究

予防法研究

民間企業、病院とMCIを改善できる方法論模索のための研究と医師支援を行っております。
①MCI関連事業を行う民間企業、病院と連動したMCIと認知症の相関、MCIと生活習慣における相関の研究を推進し、様々な提携先と連携し、研究の成果を社会に還元してまいります。
オレンジアクトでは、以下のような研究を支援したいと考えています。


共同研究先 研究内容の例
スポーツジム 認知症体操などによる、MCIからの改善の有無
介護事業者 介護フロー、オペレーション、ケアプランなどによるMCI、認知度の維持管理
睡眠関連 睡眠品質と認知度の推移の研究
糖尿病食 栄養管理における認知度の維持管理
ゲーム会社 健康活動投資を行うための、ゲームやエンターテイメント、脳トレゲームと認知度の関係の研究
医療プロトコルや検査結果分析 認知症検査における疫学的なMCIの発症とその後の認知症への推移
その他検査マーカーと比較したMCI→認知症推移や、投薬管理における認知度推移などの研究


②フレンドリー認知症ガイドラインの提供
認知症に携わる全てのサービスや商品を提供する企業が認知症フレンドリー宣言に基づいたポリシーのもと認知症の人の声を傾聴し、企業活動を推進することを期待しています。
オレンジアクトでは、法人会員向けに「認知症フレンドリーポリシー策定の手引き」を提供させていただいています。
また年に1度、認知症フレンドリーを普及するための取り組みやサービス、研究などをオレンジアクトが社員、賛助会員、登録ボランティアスタッフなどの声に基づき、投票・集計し表彰する「認知症フレンドリーアワード」を行っています。

会員申込みはこちら








このページのTOPへ